暑中見舞いの深い意味

暑中見舞いというと、本来はいつもお世話になっている方に感謝の意をこめて、贈り物をするものですよね。最近は、そういうのも関係なく、毎年贈っているからとか、贈られてくるから贈りかえすという理由で贈られる方もいらっしゃるので、ちゃんと意味を考えて贈っていただきたいなと思いますね。贈られてきた方もいい気分でもらいたいですし、またそういう風に贈りたいですし、お互い気持のいいものにしたいですね。いつも常に感謝の心で相手に対したいと思います。
私の家に贈られてくる暑中見舞いの中で、一番多かったのは水ようかんとか、タオル、ゼリー、おかきなどなど日持ちのするものが多かったですね。幼いころは、いつも似たようなものばかりで飽き飽きしていましたが、最近では意味もまともに分かりましたので、いただけることに感謝もしますし、本当に小さなもの一つにも有難さを感じるようになりました。最近は、贈るほうが多いですけど、贈られてくるものはやはりうれしいものですね。
SNS このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017意外と知らない?出産祝いと暑中見舞いのマナー.All rights reserved.